テレビや雑誌で数多く特集される「ビタミン」にまつわる情報。この食べ物にはたくさんのビタミンが含まれているから食べると良い、このビタミンは食べ物で摂取することが出来ないから日光に当たると良い。毎日テレビを見ていると、必ず一日に一回はビタミンという文字を目にするほどビタミンのオンパレードです。

ビタミンって何で摂らなくちゃいけないの?

そもそもビタミンはなぜ摂らなければならないのでしょうか。理由は「ビタミンが私たちの体の中で潤滑油の役割を果たしてくれるから」です。人間は様々な栄養を摂取し、これを体の中で消化したり分解したりいろいろなところへ運んだりと実に繊細な動きを行っています。

機械と同じように動きが良ければ良いほど、能率が上がるのです。このとき、ビタミンが不足しているとどうしても身体の動きが鈍くなってしまい身体の不調につながる。だからこそ、適切なビタミンを適切な量摂取しなければならないのです。

摂れば摂るほどいいって訳ではない

ただ、ビタミンは取れば取るほどいいわけではありません。機械の潤滑油だって、油を差しすぎると製品に油がくっついてしまうなど悪影響を与えます。適度な量を毎日適切に摂取することが重要です。

ビタミンの種類も考えなくては

またビタミンには実に多くの種類がありますから、摂取すべきビタミンの種類も考えなくてはなりません。よく「ビタミンC」がよいからといって、サプリメントからミカンから大量に摂取される方がいらっしゃいます。

人間の身体が必要とするビタミンは、ビタミンCだけではないのです。身体に必要なビタミンの種類を考え、適切に摂取することが求められていると言えるでしょう。

青汁が私たちのビタミン補給に出来ること

青汁は、適度にビタミンをバランス良く含んでいるためビタミン摂取に大いに役立ちます。ビタミン剤を飲むという方法もありますが、青汁ならばビタミン以外の栄養素も摂取できますし飲み物としても使えるでしょう。すなわち活動範囲がビタミン剤に比べて広いのです。

身体の動きを活発にしよう

必要なビタミンを必要な分だけ摂取していけば、体の中の動きが活発になります。そうなれば免疫力を高めたり、自己治癒力を高めたりする効果が期待できると言えるでしょう。

おいしい青汁も登場していますし、野菜不足あるいはビタミンの種類が偏っているとお考えの方は青汁を導入してみてはいかがでしょうか。
バランスの良い食生活に一役買いますよ。

よりよい旅行に出かけるために青汁を持っていこう

日本人は昔から旅行が大好きです。狭い日本と言われることはありますが、それでも全国の四十七都道府県に全て足を運んだことがある方は多くはないでしょう。一生かけて巡るだけの土地があるのですから、ステラの贅沢青汁 妊婦の中を旅行しないのはあまりにもったいない話です。

様々な旅行先で頂くおいしい食べ物

皆さんが旅行で楽しみにされていることは一体なんでしょうか。綺麗な景色や珍しい観光地等かも知れませんが、おいしい食べ物をあげられる方は少なくないでしょう。地場のおいしい食べ物を食べれば元気になれますし、新しい食材との出会いは私たちの人生を豊かにしてくれます。

旅行が重なるとどうしても起きてしまう

ただ旅行に何度も何度も出かけていると、「野菜不足」が気になるところです。ホテルや旅館で出される食事は「おいしいものを」と考えて作られているため、野菜がどうしても摂りづらいメニューになっています。魚なら魚、肉なら肉といった単品で出されることが多くサラダや煮物と言った野菜類は影に隠れがちです。

スーパーが近くにあればいいけれど

ホテルの近くにスーパーがあって、そこで野菜を手軽に調達できるような所ならまだしも普通はそんなところほとんどありません。

野菜は毎日それなりの量を摂取することが勧められているため、旅行が重なってしまえば野菜不足が続いてしまいます。ビタミンの摂取量が少なくなってしまい、思わぬ体調不良に見舞われるかも知れません。

すぐに手軽に野菜の栄養を補給するために

そんなときには、すぐに手軽に野菜の栄養を補給するためおいしい青汁を飲みましょう。粉末タイプの青汁であれば、旅行鞄の片隅へ入れておくことが出来るためお水と共に飲むことが出来ます。野菜を食べたいと思っても食べられないとき、青汁は大きな役割果たしてくれますね。

いろいろな青汁がありますが、最近はずいぶんおいしくなりました。えぐみがなく、苦みやクセなどをなくし誰でも飲めるようにと様々な研究開発が繰り広げられてきたのです。

あなたの旅行をよりよいものにしよう

皆さんの旅行をよりよいものにするためには、青汁を一つ持っていくことをオススメします。青汁を飲んでいると何となく「野菜不足を解消できそうだ」という気分になれますし、なにより毎日の健康に気遣うこととなります。

そうすれば長い旅行もいきいきと続けられるでしょうし、今後の旅行を続けていくことだって夢ではありません。ぜひともよい旅行を続けてみてくださいね。